ブログ

国際医科学研究会フォーラム参加

神奈川で育毛! 薄毛解消!頭皮ケアでAGA治療 女性 男性 発毛率実績98.7%
髪の毛でお悩みでしたらスーパースカルプ藤沢駅南口店へ!

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店の杉山巨樹です。

先週ですがお店にセミナーの手紙が来ました。

内容が医療系っぽかったのですが興味ある内容でしたので申込してみました。

3つのパートに分かれていてどれも非常に面白いセミナーでした。

毛髪再生医療の最前線と今後の展望

スーパースカルプは医療ではないので民間療法です。
でも講話を聴いていても付いていける内容でしたし、やれることとやれないことの差はありますが、知識面では医療に近づいていると実感しました。

今回のセミナーで大きく取り上げられていたのは大きく分けて2つでした。
①、薬による発毛
②、植毛による発毛

①の薬についてはやはりデメリットは一生飲み続けなければいけないということ。
あと内服薬(フィナステリド)でいうならば、AGA(男性型脱毛症)用のお薬なため他の脱毛症には効果が無いということです。

あと発毛薬として良く知られているミノキシジルの内服は推奨されないとのことです。
日本のみならず海外でも許可されてなく今後のエビデンスの蓄積が求められるとのことでした。

基本的に当サロンでもよっぽどのお客様のご希望が無ければ提携の医師から処方されるお薬はおすすめしていません。
お薬は対処療法で、薄毛や脱毛の原因を除去して髪のトラブルを改善するものではなく、いわば『臭い物に蓋をする』やり方ですよね。
なので、薬による発毛はやめると元に戻る。

普段の生活習慣や食生活を改善していき健康的な身体づくり、頭皮づくりが理想的な発毛対策なのかなと感じました。

②の植毛については技術も上がっているようです。
後頭部から前頭部などに持っていく。基本的に後頭部の髪の毛は薄くならないのでそれを前にもっていっても薄くならない髪の毛になるそうです。
ただ移植できる髪の毛の本数には限界があるとのことでした。
1回の移植で多くても2000本程度。マックス移植して3回ほどとのことで合計6000本程度しか移植できないそうです。

男性型脱毛症で前頭部から後頭部まで進行している人は20000本くらいの髪の毛が必要らしいです。
ですので移植する際もどこに移植するのが良いのかデザインをしてから移植すると言っていました。

移植の手術の動画も見たのですが、頭に穴をぶつぶつ開けて痛そうで見てられませんでした(汗)
(実際は局所麻酔で患者さんの痛みは全くないとのことです。)

発表された先生は基礎研究が専門の方で、参加されたのは臨床医が多かったようです。
質問などを聞いていると植毛も必ずしもすべてうまくいくわけではないようで、実際の現場と理論ではまだ差があるのかなと感じる場面もありました。

そして今回のメイン講話だったのが毛包の再生医療です。
自分の幹細胞から毛包を再生してそれを培養していくことで無限の自分の毛包が作り出すことが出来るという仕組み。

ここ数年で技術も向上し、本格的に自由診療医療として登場を目指していました。
調べてみたらコチラに研究の詳細が記載されていました。

今回、セミナーに参加して思ったのは医学の進歩もすごいと感じましたが、私たちが普段お客様に行っている施術やお伝えしている知識もなかなかのレベルなんだなと実感いたしました。
シャンプーやヘアカラー、白髪染めによる頭皮炎症についてや頭皮ケアなどについてはむしろそのくらいの見解なんだーと思うことも多々ありました。

日々お客様とお話しし、お客様の薄毛、脱毛の原因を考え、対策をしていくなかでの経験則ではありますが、自分の中でさらに確信を持つことが出来る良い機会でした。

帰りは東京駅周辺で美味しい物を食べて帰ろうと思っていましたが、まさかの急遽のご予約(汗)!

電車に飛び乗って帰ってきました。

藤沢駅南口店インスタ

最近インスタをはじめました。
スーパースカルプの大量の症例写真を中心に発毛ライフ的な画像をお送りいたします!

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。スーパースカルプ発毛協会理事。1974年生まれ。 【店舗情報】 自分の髪の毛を発毛させることに特化した発毛専門サロン。女性や20代30代のご来店も多く、薄毛で悩んでいるイメージの強い中年男性だけではなく様々な年代、性別の薄毛、抜け毛の対応が出来るサロンです。 【姉妹店】 藤沢駅南口店のエステサロン『レイテノール』。安心・信頼・結果重視をモットーにシミ・シワ・タルミ改善の専門サロンも姉妹店です。 皮膚についての勉強会も社内、社外で行い常に最新の知識を吸収することを務めています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る