ブログ

発毛対策のひとつ!体質改善!

毛細血管の状態改善が発毛の近道

神奈川で育毛! 薄毛解消!頭皮ケアでAGA治療 女性 男性 発毛率実績98.7%
髪の毛でお悩みでしたらスーパースカルプ藤沢駅南口店へ!

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店の杉山巨樹です。

髪の毛のお悩みの原因は人それぞれですが、おおよそ以下の3つに分けられます。

①、遺伝的要因(ホルモン)
②、外的要因(頭皮に直接使用する溶剤等)
③、内的要因(身体の機能に関わること)

んーざっくりです。

①も③と似たようなところがありますが、内的要因の大きな原因の一つが【血行不良】です。
人間の体は約60兆個の細胞から出来ていると言われています。
60兆個の中には髪の毛が発毛するのに必要な器官も含まれています。

細胞は血液から運ばれてくる栄養をもとに細胞分裂をし日々生まれ変わっていきます。
ですので、しっかりと血液が送り込まれていない。
血液の中の栄養が足りない。
となると細胞分裂はしっかりと行われず、器官の能力も十分に発揮できないわけです。

ですので、発毛対策のひとつは【血行改善】です。
髪の毛だから頭皮の血行だけ改善すれば…と思う方も多いですが、身体はひとつ、身体の血行は良いんだけど、頭皮の血行だけが悪い人という人は見たことがありません。

手足の冷えがひどい方は頭皮も冷たいです。
逆に施術やマッサージで手足がポカポカになると頭皮までも温かくなっていきます。

簡単に血流改善といっても結構地道です。
一見髪の毛関係ないんじゃないか?と思われるかもしれませんが、まわりまわって髪の毛もキチンと改善します。
髪の毛の対策=健康的な身体になる対策

血行が改善すると身体の調子も必ず良くなります。

今日は約7か月前にご来店いただいたお客様(30代前半、男性)で一見髪の毛のお悩みが無いような感じですが、以前に比べ抜け毛が多くなり、頭皮のかゆみ、脂っぽさが以前に比べてひどくなったと言うことでコースが始まりました。

髪の毛のお写真は許可いただけなかったのですが、毛細血管の動画はブログで使用していただいても良いと言って頂いたので、その変化を皆さんにぜひ見ていただきたいと思います。

毛細血管の状態を見るときのポイントは4つ
①、色(良い状態は青白い状態です。)
緑っぽかったり茶色っぽいのは老廃物の排出が出来ていません。

②、血液の流れる速さ
血液の状態が悪いとドロドロ血液です。
ドロドロ血液の人は流れが遅く毛細血管も太い状態になります。

③、毛細血管の形と数
まっすぐ細長いのが良い状態です。
また毛細血管の数が多いほど良い状態です。

④、毛細血管の上の真皮乳頭の状態
毛細血管の頂点のところのちょっと上が山のように色が変わっています。
くっきりしている人ほど新陳代謝の状態が良い方です。

こちらの毛細血管が2018年の8月31日の状態です。

次が約5か月半後の2019年の1月19日の状態です。

そして更に3か月後の4月2日の状態です。

毛細血管の変化

時間と共に比べると分かると思いますが、毛細血管の状態もくっきり見えるようになり、血液の流れも見違えるほど早くなりました。
約7か月の成果ですね。

頭皮については直接的に髪の毛の洗い方、マッサージの正しいやり方などお伝えしましたが、毛細血管の状態の改善は生活習慣を意識的に改善された結果です。
毛細血管がこのように改善され、頭皮も抜け毛は改善され、かゆみは全く感じない状態になりました。
まだまだご満足いただけるボリューム感にはないとのことですが、下地がこれだけ変化しているので髪の毛にとって悪いはずはありません。

髪の毛のお悩み改善に近道はありません!
身体の内面からの健康があなたの髪の毛のお悩みを改善する一番の近道です。

改善するポイントは、本当に人それぞれなのでお悩みを抱えている方はまずはご相談にいらして下さると良いと思います。

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。スーパースカルプ発毛協会理事。1974年生まれ。 【店舗情報】 自分の髪の毛を発毛させることに特化した発毛専門サロン。女性や20代30代のご来店も多く、薄毛で悩んでいるイメージの強い中年男性だけではなく様々な年代、性別の薄毛、抜け毛の対応が出来るサロンです。 【姉妹店】 藤沢駅南口店のエステサロン『レイテノール』。安心・信頼・結果重視をモットーにシミ・シワ・タルミ改善の専門サロンも姉妹店です。 皮膚についての勉強会も社内、社外で行い常に最新の知識を吸収することを務めています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る