ブログ

育毛剤の正しい使い方

育毛剤の正しい使い方

神奈川で育毛! 薄毛解消!頭皮ケアでAGA治療 女性 男性 発毛率実績98.7%
髪の毛でお悩みでしたらスーパースカルプ藤沢駅南口店へ!

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店の杉山巨樹です。

地肌が見えるようになってきた。
抜け毛が多くなってきた。
髪の毛が細くなってきた。

対策を考えねば!

となった時に浮かぶのが『育毛剤』の存在ではないでしょうか?

世の中にはいろんな育毛剤があります。
それぞれどういう理論で髪の毛が生えてくるのかがあると思いますが、今日は正しい育毛剤の使い方をお伝えしたいと思います。

何をおいても頭皮を綺麗にすること

育毛剤を使われた方で、全く効果がなかった。という方が少なからずいらっしゃいます。
その育毛剤がその方に合わなかったと言ことも考えられますが、実はその育毛剤の有効成分が届かなければいけないところまで届いて無かった場合が多いんじゃないかと思います。

髪の毛が生えるのに一番大切なところは、毛根部分。特に毛乳頭の活性がとても大切です。

育毛剤をバシャバシャつけても毛穴が汚いと有効成分は頭皮表面しかついておらず、肝心の毛乳頭まで届いていません。
これ。本当によくあります。
特に頭皮が脂っぽくてべたつく方。
正しい洗髪方法を身につけましょうね。

正しい洗髪も下の記事で説明しているのでチェックしてみて下さい。

発毛は知識と実践の両輪が大切(洗髪編)

髪の毛は毛乳頭から指令が出て、毛母細胞が細胞分裂をして生えます。
頭皮から出てきた髪の毛は、死滅細胞。ここにいくら栄養たっぷりの育毛剤をつけても残念ながら髪の毛の発毛には関係ありません。

この考え方、本当に大切です。

頭皮は普通にしていると結構汚れています。
汚い頭皮はコチラ↓
毛穴に白いのが詰まってますねー。
詰まってるってことは、ここに育毛剤をいくら振りかけてもブロックです。
汚い頭皮
でも洗い方ひとつで結構改善します。
キレイな頭皮

毛穴がくぼんでいるのが分かりますね。
こうなってくるとしっかりと毛穴の奥の毛乳頭まで有効成分が染み込んでいくのです。
スタートはここから。

有効成分は色々

育毛剤と言ってパッと思い浮かべるのが、リアップ。
リアップには『ミノキシジル』が配合されています。
ミノキシジルは数少ない発毛促進のお薬成分で、効果的には、『毛細血管拡張作用』があります。
毛細血管が拡張するので、毛乳頭まで伸びている毛細血管が広がり、血液から栄養分が補給されて発毛に結びつきます。

スーパースカルプで使用している育毛剤は『成長因子』がメインの有効成分です。
成長因子は、細胞分裂を助け、また弾力細胞である真皮層を育てます。

細胞分裂を助けるわけですから、毛乳頭が活性し毛母細胞の細胞分裂が更に活性することで発毛促進します。
育毛剤と言っても色々な働きがあるので、どういう働きで髪の毛が生えるのか理解するのも大切です。
ですので、成長因子配合の育毛剤とミノキシジル配合の育毛剤は併用されても構いません。
また併用された方が更に良い結果につながると思います。

使用量を適切に

結果の出る人と出ない人の差がここに表れます。
結果の出る人はしっかりとたっぷり使用します。
多い人で月に1本。最低でも2カ月に1本のペースで使用ます。

逆になかなか結果の出ない人は、あまり育毛剤が減りません。
減らない=使用していないという事です。

髪の毛は簡単に生える訳ではありません。
頭皮をキレイにし、育毛剤が浸透しやすい頭皮を作っても、量が少なくては効果が少ないです。

身体内面の改善も大切ですが、育毛剤を使用しての対策は最短でかつトータル的に費用も少なく短期間で改善します。
目安は1カ月半~2カ月に1本。

この使用頻度がよいでしょう。

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

代表取締役社長レイズ&カンパニー株式会社
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。1974年生まれ。 2010年より「結果重視」「安心安全の商品を提供」「適正な価格設定」「従業員の働きやすい環境」をモットーにエステティックサロン「レイテノール」を運営。 「しみ」「しわ」「ニキビ」「たるみ」などのお肌のお悩みの改善は出来るものの、「薄毛」など髪の毛のお悩みを抱えているお客様も多く、なんとかお客様のお悩みを改善できないかと考えていたところ「スーパースカルプ発毛療法」と出会う。 理念に共感し、発毛技能士の資格を取得して、2016年4月よりスーパースカルプ発毛センターの加盟店、藤沢駅南口店としてスタートする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る