ブログ

「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」を読んで

血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論

こんにちは。

ファスティングプログラム最終日、7日間で約4キロ痩せました、スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店の杉山巨樹です。

今月から月に一度、健康のためにファスティング(断食)プログラムを週に一度やっていこうと思っています。

断食の効果は本来、痩せるためではなく、体内のデトックス作用を引き出すために行います。

近年の研究ではサーチュイン遺伝子という寿命を司る遺伝子の長寿遺伝子のスイッチが入るとか細胞内のゴミたんぱく質が綺麗に掃除されるとかミトコンドリアが活性化、生活習慣病予防、ホルモンの分泌の正常化などなど言い出したらキリがないくらい体の不調を改善する療法なのです。

正直初めの4日間は「2度とやるまい」と思うほどの空腹感、疲労感を感じていましたが、5,6,7日目は非常に爽快な気分で身体も精神的にも軽く、「これは毎月やらなきゃな」と思える結果でした。

断食と健康は密接な関係なので、髪の毛とも密接です。が今度ブログで書きたいと思います。

さて、今日は最近面白い本を読んだのでご紹介したいと思います。

「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」

アマゾンの画面でこれおすすめ!と出ていたので、何も考えずにポチっと購入してしまいました。

実はこの本2011年出版の本で、書いてある内容も既に知っている内容でしたが、今までの知識よりもさらに詳しく知ることが出来、大変勉強になりました。

医学的な研究で証明されていることですので、これからお客様にも理論として説明出来、引き出しが一つ増えました。

著者は、岡嶋博士という方で元々は血液学の研究をされていた方ですが、研究の過程で髪の毛を生やす新理論を発見したのです!

髪の毛が減る原因

髪の毛の抜ける原因は様々です。

生活習慣、ホルモン、頭皮環境、血行不良などなど。

でもこの原因を更に突き詰めると体内の「IGF-1(インスリン様成長因子)」という物質の減少が関わっていることが分かったのです。

思春期でマックスとなり、年齢とともに減少していきます。

このIGF-1(インスリン様成長因子)は、成長ホルモンの一種ですが、成長だけではなく免疫や治癒力も高めてくれる作用があります。

IGF-1(インスリン様成長因子)が髪の毛の成長に欠かせない成分であることは既に分かっていましたので、このIGF-1(インスリン様成長因子)のコントロールが発毛に影響することが分かりました。

ちなみにスーパースカルプの溶剤にはほぼ全て、このIGF-1(インスリン様成長因子)が配合されています。

IGF-1(インスリン様成長因子)を増やすには?

IGF-1(インスリン様成長因子)は、知覚刺激によって増殖することが分かりました。

これは内臓や皮膚の知覚神経を刺激することでIGF-1(インスリン様成長因子)が増えるという事です。

また人間の五感、特に臭覚を刺激することでもIGF-1(インスリン様成長因子)は増えます。毎日の食事を通してニオイのある胃や腸に刺激的な食べ物!そう唐辛子(カプサイシン)がIGF-1(インスリン様成長因子)を増やす成分なのです。また大豆(イソフラボン)もIGF-1(インスリン様成長因子)を増やす食べ物ですので、食事の習慣として、「大豆食品+唐辛子」これを毎日食べると良いという事です。

大豆なら豆腐半丁分、唐辛子ですと小さじ2杯程度。

唐辛子は脂肪燃焼作用があり体温を上げます。薄毛でお悩みの人は体温が低い方が多いのでなおさらこの組み合わせはおすすめです。
是非意識して頂ければと思います。

その他のIGF-1(インスリン様成長因子)を増やすこと

IGF-1(インスリン様成長因子)を増やすにはまだまだ様々なことで増えることが分かってきました。
・運動やストレッチ
・嫌なことに立ち向かう事(精神的ストレス)
・気圧が高い
・断食
・温泉
・ブルーライト
IGF-1(インスリン様成長因子)は免疫力と治癒力を高めてくれる成長因子です。
IGF-1(インスリン様成長因子)が増えるという事は、発毛のみならず、健康的な身体作りに最適です。

IGF-1(インスリン様成長因子)を減らすこと

以上のようにIGF-1(インスリン様成長因子)が増えれば髪の毛も生えてくる。逆に言うとIGF-1(インスリン様成長因子)が減ると髪の毛の脱毛リスクが高まるという事です。
・高血圧
・体温が低い
・油っこい食事
これらはIGF-1(インスリン様成長因子)を減らします。
生活習慣病や肥満の方に薄毛は多いと言われています。
普段の生活習慣で健康にもなり、不健康にもなるのと同様に、髪の毛にも影響するのです。

「血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論」を読んで

IGF-1(インスリン様成長因子)という成長因子に焦点を当てたとても勉強になる本でした。
かなり詳しく説明されているので、興味のある方は是非お読みになると良いと思います。

薄毛は生活習慣で改善できます。その理屈が詳しく書いてあるお勧めの本でした。
是非読んでみて下さい

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

代表取締役社長レイズ&カンパニー株式会社
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。1974年生まれ。 2010年より「結果重視」「安心安全の商品を提供」「適正な価格設定」「従業員の働きやすい環境」をモットーにエステティックサロン「レイテノール」を運営。 「しみ」「しわ」「ニキビ」「たるみ」などのお肌のお悩みの改善は出来るものの、「薄毛」など髪の毛のお悩みを抱えているお客様も多く、なんとかお客様のお悩みを改善できないかと考えていたところ「スーパースカルプ発毛療法」と出会う。 理念に共感し、発毛技能士の資格を取得して、2016年4月よりスーパースカルプ発毛センターの加盟店、藤沢駅南口店としてスタートする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る