ブログ

タバコは薄毛を促進

タバコ

タバコと薄毛の関係性

喫煙に対する健康被害の認識向上や美容意識の向上、高齢化の進展、各自治体での規制の強化、税制の変更に伴う売価の変更などによって喫煙人口は年々減ってきています。
喫煙の髪の毛への影響は非常に関連が高く、当サロンへお越しのお客様でも喫煙が習慣の方には、極力禁煙をお勧めしていますし、無理な方でも徐々に減らしていっていただくようお話しをしています。

喫煙率(2016年5月現在)

  2015年 2016年 対前年増減
男性 31.0% 29.7% -1.3p
女性 9.6% 9.7% +0.1p
男女計 19.9% 19.3% -0.6%

喫煙人口(2016年5月現在)

  2015年 2016年 対前年増減
男性 1,562万年 1,498万年 -64万人
女性 522万人 528万人 6万人
男女計 2,084万人 2,027万人 -57万人


JC 2016年「全国たばこ喫煙者率調査」より

全国的には男性で10人に3人が吸っていて、女性ですと10人に1人が喫煙をしているという結果になっています。

喫煙と薄毛の関係性

この5年間でも500万人近くの方がタバコをやめました。
先ほど申した通り、当サロンでは禁煙を勧めていますが、もちろんご本人の意思を尊重しますので無理にとは言えませんが、タバコのもたらす害について以下の事実もキチンと理解してほしいと思います。

〇禁煙先進国のアメリカですら、年間死亡者5人に1人が、喫煙関連の原因で亡くなっています。
〇喫煙により、寿命が7~8年縮まります。
〇二次喫煙により、1年間に200万人以上の人が亡くなっています。
〇たばこには4000種類以上の化学物質が含まれており、そのうち400種類には中毒性があります。
〇自分の周りの家族(子供)、職場の同僚など受動喫煙(ガンをはじめとする病気のリスクの向上)という2次被害にあっている。

そしてこのコラムを読んでいらっしゃるのですから髪の毛のお悩みを抱えている方も多いと思いますが、脱毛リスクも飛躍的に上がるのです。(本当に飛躍的に上がります。)

なぜ喫煙によって脱毛リスクが高まるのか?

脱毛の大きな原因は3つあります。
①、血流の悪化による毛髪への栄養補給不足。
②、頭皮環境の悪化による毛髪被害。
③、悪玉男性ホルモンによる脱毛促進。

煙草には数多くの有害物質が含まれていますが、その中でも特に「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」タバコの3大有害物質と言われています。
ニコチンは、タバコの煙の部分です。神経毒が非常に強く、煙を吸うことで脳に快楽をもたらします。体内にニコチンがなくなったときにニコチンを体に入れたいという欲求が激しくなります。俗にいうニコチン中毒です。
タールは、発がん物質や発がん促進物質が含まれています。体の中からなかなか排除できません。タールは粘性の液体で肺などに残り続け、禁煙したとしても長期間悪影響を及ぼします。
一酸化炭素は、吸った煙の量に比例して血液中のヘモグロビンに結合し、全身の血管を細くしたり、動脈硬化の原因になるといわれています。軽いたばこに換えても一酸化炭素の量はかわりありません。

この煙草を吸った時の血管の収縮が実に良くありません。
毛髪の成長に必要な栄養素は血管から送られてきます。特に頭には大きな血管が通ってなく、細い細い毛細血管しかないのです。
ただでさえ細い血管なのに、喫煙によってさらに収縮してしまったら必要な栄養素は十分に供給できなくなってしまいます。

このように髪の毛に必要な栄養分を十分送ることが出来なくなり、髪の毛が細くなる。髪の成長が遅くなる。抜け毛が増える。という現象を自覚していきます。

頭皮の血管

上の図のように大きな血管は耳辺りまでなのです。
脱毛の原因の3つのうち血流の悪化は最も問題なのです。
発毛対策をする際に最も最初にかつ継続的に対策を立てていく項目です。

入浴や睡眠、食生活などの地道な日常生活の改善によって血流を改善しても、喫煙という行為によってその努力は半減してしまうのです。

発毛対策される方は、喫煙のリスクを認識の上、喫煙の努力をされることをお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る