ブログ

AGAクリニックと発毛サロンの違い

AGAクリニックと発毛サロンの違い

AGAクリニックとは…?

薄毛や抜け毛などで悩んだ時にネットで色々調べると思いますが、その中でよく出てくるAGAという言葉。

これは脱毛症の種類の一つで、AGA(Androgenetic Alopeciaの略)男性型脱毛症という脱毛症です。

青年男性に良く見られる脱毛症で、男性ホルモンと皮脂腺から分泌される5α-リダクターゼという酵素の働きによって発毛サイクルがどんどん短くなっていってしまう脱毛症です。

男性型脱毛症

 

前から行くタイプと後頭部からくるタイプがあります。

AGA(男性型脱毛症)の対策として有名なのが、内服薬と外用薬の使用です。

お薬なので、お医者さんでしか処方してもらえません。この処方をしているのがAGAクリニックというやつです。

内服薬では「ミノキシジル」と「フィナステリド(製品名だとプロペシア)」の2種類が有名です。

ミノキシジルは元々降圧剤として試験していましたが、副作用で被験者に発毛効果が認められてため発毛薬として販売されるようになりました。

効用としては、毛細血管拡張作用があり、髪の毛の発毛に必要な栄養分を毛根まで届ける毛細血管を太くします。

皮膚の薄いおでこ・M字部分からの薄毛、脱毛の方に有効です。

「フィナステリド」は元々前立腺治療薬として開発されましたが、これも試験中に副作用として発毛効果が認められて発毛薬として販売されるようになりました。

フィナステリドは男性ホルモンに働きかけるため、女性や未成年者は使用が禁止されています。

特に妊娠している方は要注意で、フィナステリドが体内に吸収されると、おなかの中にいる男の子の生殖器官に発達異常を起こす可能性があると言われています。 ちょっと怖いですね…。

フィナステリドは皮膚からも吸収されるので妊娠中の女性は触るのも避けた方がいいと言われています。注意が必要ですね。

これらの薬によって薄毛、脱毛などを改善していくためのお薬の処方箋、あとは注射などをしてくれるところがAGAクリニックです。

発毛サロンとは?

発毛サロンは文字通り、自分の髪の毛を発毛させるサロンです。

髪の毛でお悩みの方のお悩み改善方法として

①、自分の髪を発毛させる。
②、カツラやウィッグを被る。

どちらかではないでしょうか?

発毛サロンは①です。当サロンのスーパースカルプ発毛センターは発毛サロンです。

業界的には意外と同業他社が少なく、有名なところだと「リーブ21」、「バイオテック」といったところでしょうか?

施術内容は各社それぞれ違いがあると思いますが、当サロンでは、お薬に頼ることなく、頭皮環境の改善、血流の改善、ホルモンバランスの改善などを通じて6カ月で発毛を実感して頂いています。(多くの方は6カ月で実感して頂いていますが、中には時間のかかる方もいらっしゃいます。)

私が、発毛サロンを開業しようと思ったきっかけもお客様の本当の意味でお悩みを改善できるのは、「自分自身の髪の毛が生える事だけしかない。」と思ったからです。

カツラやウッッグ、エクステなど偽物の髪の毛でその場をしのいでも、本来の悩みは全く改善されていません。

むしろ風で飛んでしまったらどうしよう…。

雨で濡れたらどうしよう…。

バレたらどうしよう…。

など逆に悩みが増えてしまうかもしれません。

発毛サロンは髪の毛でお悩みの方の本当の意味での悩みを改善できるサロンだと思っています。

AGAクリニックとの大きな差は、日常生活習慣の改善からアドバイスさせて頂きながら発毛に導きます。

施術をしながら、髪の毛に悪い事や発毛するために必要なことなど都度アドバイスしながら発毛を目指します。

薬による発毛に比べるとご自身の努力も伴いますが、私たちの協会の調査によると発毛実績率は格段にあります。

また髪の毛が発毛しやすい体質というのは健康体を目指すことに近いです。

発毛サロンに通いながらの発毛チャレンジは、髪の毛だけではなく、健康的な体も手に入れられるチャンスなのです。

AGAクリニックの説明でさせて頂きましたが、発毛の薬は元々違う薬として開発されている副作用で出来上がったものです。

まだ発毛の理論が医学的に確立されていないので、純粋に発毛のための薬はありません。

発毛サロンでは、いままで多くの方を発毛に導いた経験から発毛するために必要な環境、生活習慣などをお客様と一緒に取り組んでいきます。

またすぐに元に戻したいという方には、当サロンで施術をしながら提携医師への紹介もご案内出来ます。

予算的に厳しい方は、自己責任になりますが、安全な個人輸入による取り寄せもご紹介できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る