ブログ

毛髪の成長サイクル

ヘアサイクル

毛髪には寿命がある。

髪の毛は永遠に伸び続けるものではなく、寿命があります。
私たちの頭皮には約10万本の毛髪があると言われており、それぞれが寿命を迎えると自然に脱毛していき、平均して1日50本~100本は抜けています。
抜け毛が多い人は、それ以上抜けてしまっている状態を言います。

髪の毛には寿命があると書きましたが、平均で男性なら3年~5年。女性ならば4年~6年が髪の毛の寿命と言われています。
髪の毛には成長過程があり、その過程を経て脱毛していくのです。

髪の成長過程(ヘアサイクル)

髪の毛には以下のような成長サイクルがあります。
発毛→成長→退行期→脱毛
ですので、髪の毛は日々自然脱毛しており、50本~100本は普通に抜けるのです。

ヘアサイクル

普通に成長すれば男性なら3~5年。女性なら4~6年成長し続ける髪の毛も髪の脱毛原因によってその寿命は短くなってしまうのです。
脱毛原因として挙げられるのが
①、男性ホルモン(テストステロン)と皮脂腺の酵素(5α-リダクターゼ)の結合による男性型脱毛症(AGA)。
②、体温が低かったり血行不良、栄養バランスの悪い食事による毛髪にしっかりと栄養が行き渡らないことによる成長不良。
③、間違ったヘアケアによる頭皮の炎症、頭皮環境の悪化による脱毛。
などなど
色々な原因がありますが、大きく分けて3つの原因によって毛髪の寿命は短くなってしまいます。

髪の寿命が短くなっていくサイン

毛髪は通常1カ月で約1cm伸びます。
1年なら12cm、2年なら24cm…(目安です。)
もし髪の毛を切らなかったらずっと伸び続けていきます。(普通は髪の毛は切るので男性ならそこまで長い方もあまりいませんが)

髪の毛は成長していくと木の幹と同じように太くなっていきます。
発毛してすぐに髪の毛が太いという事はありません。
細い髪の毛が、成長とともに太くなっていくのです。

そこで、抜け毛を見てください。
3年~5年成長し続けて寿命を迎えた髪の毛と1年で寿命を迎えてしまった髪の毛。
髪の太さが違います。

もし最近の抜け毛が細く短い抜け毛が多いと感じたならば、寿命が短くなっているサインです。
また女性の声で良くあるのが、髪のコシが無くなってきたペシゃっとなっちゃうというのも髪の寿命が短くなっている証拠です。

早めの対策が早い改善につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る