ブログ

頭皮環境の良し悪しって…?

頭皮環境の良し悪しとは?

頭皮環境の良し悪し。

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士杉山巨樹です。

発毛するには頭皮環境がとっても大切!って言っていますが、良い頭皮環境ってどんなんでしょうか?

頭皮は皮脂のバランス、常在菌のバランス、血流など様々な要因が重なり合って良い状態を作り出しています。

まずは皮脂分泌

皮脂は皮膚のバリア機能として大切な機能です。

取り過ぎてもダメだし、分泌しすぎても髪の毛に良くありません。

皮脂分泌を丁度良い状態に導いていくのが大切です。

そして常在菌

頭皮には常在菌として、有名なところでは表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、アクネ桿菌(かんきん)、マラセチア菌などが良く知られていますが、多くの菌がいるといわれています。

頭皮の皮膚常在菌の数のバランスが崩れると、頭皮環境が悪化することがわかっています。

マラセチア菌が増殖しすぎると頭皮の脂漏性皮膚炎になりやすいですし、頭皮の皮脂腺に存在するアクネ桿菌が増殖すると頭皮ニキビができやすくなります。

皮膚常在菌のバランスが崩れてしまうと、フケや痒み、肌荒れや炎症を起こしてしまい、それが抜け毛の要因となってしまうのです。

常在菌がバランスよくいる環境こそが頭皮の良い状態なのです。

そして、血流

頭皮には太い血管が通っていません。

ほとんどが細い毛細血管です。

この細い毛細血管が発毛に必要な栄養分を頭皮の末端まで運んでくれます。

頭皮の毛細血管が弱く、少ないと発毛に必要な栄養分が隅々まで行き渡りません。

こういう状態になると頭皮は鬱血状態になり赤く腫れた感じになります。

これらを改善することで、発毛に良い環境=頭皮環境が良い状態になります。

1回の施術で直ぐに頭皮環境が良くなるわけではありませんが、1回の施術でもかなりの効果はあります。

今日はじめてご来店のお客様の頭皮の状態ビフォー&アフターをご覧ください。

施術前の頭皮の状態

発毛サロン施術前

施術前の状態です。
頭皮は鬱血し、皮脂過剰、毛穴の汚れも非常に気になりました。

施術後の頭皮の状態

発毛サロン施術前

施術後の状態です。
鬱血感は若干あるものの頭皮の色もきれいになり、余分な皮脂もきれいになりました。また毛穴の汚れもきれいになったのがハッキリ分かります。

頭皮環境の改善はまず第一!

頭皮環境の改善をしてはじめて他の発毛対策も活きていきます。

ご自身の頭皮の状態いかがですか?

当サロンでは毎回マイクロスコープで頭皮の状態をチェックし、6カ月のスピード発毛を実現しています。

まずは頭皮チェック!

お気軽にご相談くださいませ!

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

代表取締役社長レイズ&カンパニー株式会社
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。1974年生まれ。 2010年より「結果重視」「安心安全の商品を提供」「適正な価格設定」「従業員の働きやすい環境」をモットーにエステティックサロン「レイテノール」を運営。 「しみ」「しわ」「ニキビ」「たるみ」などのお肌のお悩みの改善は出来るものの、「薄毛」など髪の毛のお悩みを抱えているお客様も多く、なんとかお客様のお悩みを改善できないかと考えていたところ「スーパースカルプ発毛療法」と出会う。 理念に共感し、発毛技能士の資格を取得して、2016年4月よりスーパースカルプ発毛センターの加盟店、藤沢駅南口店としてスタートする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る