ブログ

頭ベトベト!過剰な頭皮の皮脂は脱毛原因!

頭皮の皮脂腺はお顔の3倍!

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店センター長の杉山巨樹です。

夏ですねー。

そろそろ梅雨も明け宣言もあるのではないでしょうか。

春から夏にかけて、気温が上がるにつれて皮脂の分泌も激しくなってきました。

頭の皮脂腺は顔の3倍あると言われていますので、気づかないうちに頭皮は皮脂が結構分泌しています。

皮脂の取り過ぎは危険!

皮脂腺はこんな感じに分布してます。

本来、皮脂は身体を雑菌や有害物質から守るためのバリア機能を作るとっても大切なものです。

だから「皮脂過剰分泌=脱毛」となると、皮脂を取らなきゃと一生懸命シャンプーし過ぎるのもまたいけません。

身体はよくプログラムされていて、バリア機能を作るために、皮脂が無くなるとまたバリア機能を作るのに必要な皮脂を分泌します。

よくニキビで悩まれている方で、一生懸命顔を洗いすぎて(もしくは強力な洗浄成分の配合されたクレンジング剤を使用して)逆に皮脂の分泌が過剰になるケースをよく聞きます。

頭皮も同じで、皮脂のバランスが大切です。

でも、夏は皮脂は多くなりがちですね。

皮脂過剰が何故いけないか。

皮脂の過剰な分泌は何故、髪の毛に良くないのでしょうか?

先ほども言ったように、バリア機能を作るための皮脂は大切。

汗と混じって乳化し、クリーム状になって天然の皮脂膜(バリアゾーン)を形成します。

皮脂が過剰になると、皮脂膜とはならず脂として頭皮に残ります。

これが頭皮がベトベトする原因です。

こちらが皮脂過剰の頭皮の状態です。

マイクロスコープで見た状態です。

皮脂がテカってますね。

よく見て頂くと分かりますが、皮脂は毛穴をふさいでいます。

毛穴は、本来ある程度の隙間があり、一つの毛穴から2,3本の髪が生えています。

その根元の方に、皮脂を分泌する皮脂腺や髪を作り上げる毛乳頭などがあるのですが、綺麗に落とされていない皮脂などが毛根を埋めてしまい、本来排出されるはずの皮脂が、毛根内部の隙間を埋めていってしまいます。

そうすると、限られた隙間でしか髪は育つことができなくなり、髪の一番根元の部分が細くなり、髪が抜け落ちてしまいます。

それを繰り返すうちに、以前は太くしっかりとして生えていた髪がだんだん細くなり、2,3本あったはずの髪の1本が抜け落ちてしまうことになります。

これが薄毛や脱毛の原因のひとつです。

また余分な皮脂は酸化します。

「酸化皮脂」は、頭皮のpHバランスを壊し細菌が繁殖しやすい状態を作り、これもまた髪の毛にも良くありません。

また、臭いの原因にもなってしまいます。

頭皮の皮脂はこまめに取ろう!

先ほど説明したように皮脂の取り過ぎは良くありません。

ベストなのは、お湯で洗い流してあげる。

特に夏場は寝ている間に頭がベトベトしてしまうという方もいらっしゃいます。

そんな時は、朝にお湯だけで洗髪してください。

シャンプーを使うと、また頭皮のpHバランスが崩れて良い環境ではなくなってしまうので、「お湯で洗髪」が大切です。

また日中頭皮の皮脂が気になったら、濡れたタオルなどで皮脂を取ってあげると良いでしょう。

帽子をかぶったり、ヘルメットをかぶるお仕事をされている方も皮脂や汗で蒸れやすく、頭皮環境が崩れやすいので、タオルでさっと環境をリセットすると良いです。

皮脂をコントロールし、頭皮環境を整えることで、髪の毛の発毛にも良い環境になります。

これから益々暑い日が続きますが、スッキリ頭皮でいきましょう!

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

代表取締役社長レイズ&カンパニー株式会社
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。1974年生まれ。 2010年より「結果重視」「安心安全の商品を提供」「適正な価格設定」「従業員の働きやすい環境」をモットーにエステティックサロン「レイテノール」を運営。 「しみ」「しわ」「ニキビ」「たるみ」などのお肌のお悩みの改善は出来るものの、「薄毛」など髪の毛のお悩みを抱えているお客様も多く、なんとかお客様のお悩みを改善できないかと考えていたところ「スーパースカルプ発毛療法」と出会う。 理念に共感し、発毛技能士の資格を取得して、2016年4月よりスーパースカルプ発毛センターの加盟店、藤沢駅南口店としてスタートする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る