ブログ

サラサラ血液美人は発毛効果!

サラサラ血液美人は発毛効果!

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店センター長の杉山巨樹です。

先日のガッテンの記事、あれ個人的にすごい勉強になりました。

血液は髪の毛(発毛)にとってとっても大切なのが再認識できました。

それが分かりやすく、かつ改善方法まで示してくれているので今後お客様にもシェアしていきたいと思いました。

血流は大切!では血流を良くするには?

当サロンの発毛へのアプローチの方針は大きく分けて4つです。

①、頭皮環境の改善

②、血流の改善

③、5αーリダクターゼの抑制

④、男性ホルモンの抑制

です。

この4つをしっかりとケア出来れば、ほぼほぼ発毛します。(スーパースカルプ発毛センターの発毛率は実績98.7%です。)

特に、最初のアプローチとして血流の改善は大切です。

そもそも髪の毛に栄養分を送る毛細血管はとってももろく、加齢とともに減少していきます。

頭皮は大きな血管が頭頂部まではありません。ですので、毛細血管の存在はとっても大切です。

どうすれば毛細血管が減少しないのか?

というと、この血流にかかってきます。

血液に「流れ」があることで、血管を形成している細胞同士が結着し合い毛細血管の減少の働きを阻止するのです。

では、血流を良くするにはどうしたらよいのでしょうか?

①、血中の糖分、中性脂肪、コレステロールの値を正常に保つ。
(俗にいうサラサラ血液を保つ。)

②、ポンプ機能を強化する。

この2つで改善できます。

サラサラ血液を目指して!

血中の中性脂肪、コレステロール、糖分が高い状態は「動脈硬化」や「心臓疾患」、「脳卒中」の発症率が高くなります。

血管の中の血液がスムーズに運ばれなく、内壁には余分な成分がたまり、色々な疾患の原因にもなります。

対策としては、

・不飽和脂肪酸を摂取する。

・緑黄色野菜を摂取し、ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取する。

・動物性たんぱく質、脂肪を取り過ぎない。

・植物繊維をとる。

どれも食べ物のことですね。

食事を気をつけることが出来れば、血液はさらさらに改善することが出来ます。

あとは、健康食品やサプリメントでの改善もあります。

うちのエステサロンでもお勧めしているのが、ピクノジェノールというサプリメントです。

フランス南西海岸松の樹皮から摂取された成分で、非常に抗酸化作用が高く、血流改善に効果的です。

婦人病疾患の改善例も数多く学会で発表されています。

あとは、血中の水分濃度を増やすこと。

こまめに水分補給をすることです。

一般的に血中の水分濃度は、

①、長時間水分を摂らない時

②、入浴時

③、睡眠時

に濃くなります。

ですので、こまめな水分補給は大切。

とくに入浴後や起床時には500mlの水分を補給すると良いでしょう。

心臓以外のポンプ機能は?

血液を体全体に流しているのは心臓のポンプ機能です。

「ドックン・ドックン」心臓が働いているおかげで、体中に血液が周り、私たちは生命を維持することが出来るのです。

そして、それを補助しているのが「第2の心臓」といわれる「ふくらはぎの筋肉」です。

筋肉が動くことで、ポンプ機能となり血液が円滑に流れるのです。

ふくらはぎの筋肉が衰えることで「むくみ」の原因になります。

むくみは、血流が悪い状態で起こります。

ふくらはぎの筋肉を「鍛える」「マッサージする」ことによって改善します。

日頃の生活習慣の改善で発毛出来る!

サロンでの施術を通して、頭皮の血流の改善も行いますが、ご自身のケアでも血流は改善します。

日頃の生活習慣が今の身体を作っています。

髪の毛のお悩みも少しづつの改善で、劇的変化をもたらします。

意識してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

代表取締役社長レイズ&カンパニー株式会社
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。1974年生まれ。 2010年より「結果重視」「安心安全の商品を提供」「適正な価格設定」「従業員の働きやすい環境」をモットーにエステティックサロン「レイテノール」を運営。 「しみ」「しわ」「ニキビ」「たるみ」などのお肌のお悩みの改善は出来るものの、「薄毛」など髪の毛のお悩みを抱えているお客様も多く、なんとかお客様のお悩みを改善できないかと考えていたところ「スーパースカルプ発毛療法」と出会う。 理念に共感し、発毛技能士の資格を取得して、2016年4月よりスーパースカルプ発毛センターの加盟店、藤沢駅南口店としてスタートする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る