ブログ

質の良い睡眠をする準備

質の良い睡眠

良質な睡眠

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店センター長の杉山巨樹です。

自分のブログを見ていて思ったんですが、ウンチクばっかですよね…。

でもうちのエステサロンでも思うのですが、知識ってものすっごく大切です。

なんでそうなるのか?なんでそうするのか。が分かっているのと分かっていないのとでは、結果が全然違います。

当サロンは「発毛させる!」が結果です。

結果を出すには、お店の施術だけではなかなか難しいです。(最大限の努力はもちろんしますが)

お客様の生活習慣から見直して、髪の毛に良くない生活習慣を改め、初めて結果へと結びつくきます。

発毛2人3脚で、お客様の発毛をサポートさせていただきますが、お客様も正しい知識で取り組んでいただきたいと思っています。

さて、昨日のブログですが「良質な睡眠で発毛効果アップ!」という内容でした。

その中でも説明しましたが、良質な睡眠とは「朝起きてから日中しっかりと活動することが出来るような睡眠をとれているか」という事でした。

深い眠りは、身体の成長ホルモンの分泌を活性化させ、身体も脳も休んだ状態になります。

しっかり休めることでリセットされ、日中にしっかりと活動が出来るようになります。

良質な睡眠をするためには・・・?

では、深い眠りにつくために出来る事は何でしょうか?

睡眠は自律神経と深い関係にあります。

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。
体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。

自律神経の乱れ 症状・疾患ナビ

自律神経は、交感神経(活動モード)と副交感神経(休息モード)という正反対のはたらきをする2つの神経から成り立っています。

交感神経とは

交感神経は活動するときに活性します。

精神興奮や運動に際して,唾液を分泌し,血圧・血糖を高め,皮膚・内臓の血管を収縮させて血液を筋肉・脳に集めるなど,おおむね全身の活動力を高める働きをする。

副交感神経とは

副交感神経はリラックスしているときに活性します。

眠っている時がはたらきがピークです。

そのほかにも、食事中、お風呂にはいっている時、ゆったり気分でリラックスしている時にはたらきます。

心拍数は落ち着いて、筋肉もゆるんで、血管もふわりと広がります。

胃や腸などの消化器系の動きがさかんになって、栄養の吸収や老廃物の排出が促進されます。

つまりは、新陳代謝、疲労の回復、ケガなどの修復をおこなって、元気な体に戻す作業をする時間です。

睡眠のカギは副交感神経だ!

深く身体も脳も休めるには、副交感神経を活性化させるのがとても大切です。

では、どうすれば副交感神経が活性化するのでしょうか?

上記のように副交感神経はリラックスの神経です。

緊張・不安・ストレスなどから解放される方法を考えると良いですね。

①、体温を上げる

38度~40度くらいの若干ぬるめのお風呂に入りましょう。

睡眠の2時間くらい前にお風呂に入って体の芯まで温めましょう。

お風呂から出たら、ゆったりと身体のほてりを鎮めましょう。

②、寝る前に食べない。

就寝の4時間前には食事をしないようにしましょう。

食事をすると内臓は食べ物を消化しようと活性化します。活性化=交感神経の働きが強くなります。

③、寝る前に携帯やテレビを見ない。

強い光は脳を活性化させます。

就寝の1時間前くらいからは、強い光から遠ざかりゆったりとした時間を楽しみましょう。

段々と眠くなってきますよ。

以上の3つを意識してみてください。

睡眠の質がグッと良くなるでしょう!

深い眠りは発毛を促進させる!

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

代表取締役社長レイズ&カンパニー株式会社
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。1974年生まれ。 2010年より「結果重視」「安心安全の商品を提供」「適正な価格設定」「従業員の働きやすい環境」をモットーにエステティックサロン「レイテノール」を運営。 「しみ」「しわ」「ニキビ」「たるみ」などのお肌のお悩みの改善は出来るものの、「薄毛」など髪の毛のお悩みを抱えているお客様も多く、なんとかお客様のお悩みを改善できないかと考えていたところ「スーパースカルプ発毛療法」と出会う。 理念に共感し、発毛技能士の資格を取得して、2016年4月よりスーパースカルプ発毛センターの加盟店、藤沢駅南口店としてスタートする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る