ブログ

頭皮の「菌」事情

頭皮の「菌」事情!

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士杉山巨樹です。

今日は、頭皮についてお話しさせていただきます。

皆さん毎日シャンプーを使って髪の毛や頭皮をきれいにしていますよね。

では、頭皮のキレイな状態ってどういう事でしょう?

菌も何もない無菌状態?と思うかもしれませんが、無菌の状態というのを保つことは難しく、逆に悪い菌が繁殖しやすい状態を作り出すことになってしまいます。

頭皮にはどのくらいの菌があるのか。

では良い状態というのはどういう状態かというと、色々な菌がバランスよくある状態です。

人間は生まれた時から皮膚には様々な菌が繁殖しています。

その菌のおかげで、皮膚は正常な弱酸性状態を保ち、雑菌が繁殖せず、バリア機能を保つことが出来ています。

では実際にどのくらいの菌があるのかというと、有名な菌では「表皮ブドウ球菌」、「黄色ブドウ球菌」、「アクネ桿菌(かんきん)」、「マラセチア菌」などがあり200種類以上の菌がいると言われています。

こういった菌を皮膚常在菌と言い、1センチ平方メートルあたりに、10万個以上も存在しています。

このように菌がバランスよく繁殖している状態が良い状態なのです。

頭皮の菌はバランスが大切。

ものすごく多い種類の菌!と驚かれるかもしれませんが、人間の臓器も同じ。

菌の活動によって生命活動は維持されています。

しかし、頭皮が痒くなったり、できものが出来たり、カサカサしたり…という異常な状態になるときがありますよね。

これは、その菌のバランスが崩れている証拠です。

本来頭皮を保護する役割がある皮膚常在菌ですが、バランスが崩れると感染症を引き起こす原因となるのです。

また抜け毛の原因にもなります。

何故バランスが崩れるのか?

頭皮の菌の状態でバランスが良いのが一番良い状態です。

では何故バランスが崩れてしまうのでしょうか?

毎日使用しているシャンプー。

強力な洗浄力のものを使用していませんか?

また、精神的・肉体的ストレスからもバランスが崩れると言われています。

そして抗生物質を極力服用しないことが大切です。

正しい知識でケアすることがとっても大切です。

スーパースカルプ発毛センターの光療法

では、皮膚常在菌のバランスが崩れた頭皮をどのように改善するのか?

というと、当サロンでは頭皮の皮膚常在菌のバランスを改善するために厚生労働省の認定の医療機である光療法を取り入れています。

現在、最先端の医学で注目されている療法の一つに「光療法」があります。
近年、光が人体に深く関与していることが次々と明らかにされ、数多くの治療に応用されています。
数々の「光療法」の中で、最も歴史と実績のあるものが、カーボンアーク光線治療器です。
これは、デンマークのニールズフィンゼン博士が研究開発し、 同氏が1903年ノーベル生理医学賞を受賞致しました。これをきっかけにカーボンアーク光線療法は世界中に広がりました。
光線治療器は、人工太陽を作りますので、太陽光とほぼ同一の光の波長を放出します。

日本光線療法協会より

太陽光は生物にとってなくてはならない存在です。

光療法で頭皮の皮膚常在菌のバランスを整えるのです。

お客様の頭皮の状態をマイクロスコープで毎回診させてもらい、状態によって施術配分を変更します。(通常は20分)

頭皮がブヨブヨ、かゆみがひどい、炎症がある、吹き出物が良くでる。というお客様には最適です!

お心当たりのある方は是非!

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

代表取締役社長レイズ&カンパニー株式会社
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。1974年生まれ。 2010年より「結果重視」「安心安全の商品を提供」「適正な価格設定」「従業員の働きやすい環境」をモットーにエステティックサロン「レイテノール」を運営。 「しみ」「しわ」「ニキビ」「たるみ」などのお肌のお悩みの改善は出来るものの、「薄毛」など髪の毛のお悩みを抱えているお客様も多く、なんとかお客様のお悩みを改善できないかと考えていたところ「スーパースカルプ発毛療法」と出会う。 理念に共感し、発毛技能士の資格を取得して、2016年4月よりスーパースカルプ発毛センターの加盟店、藤沢駅南口店としてスタートする。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る