ブログ

薄毛を気にしていても何もしてない人は6割以上。

薄毛対策

男性のQOL疾患に対する意識調査

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士杉山巨樹です。

先日ネットで調べ物をしていたら面白い記事を見つけました。

QOL(quality of life)聞いたことありますか?

生命に直接影響はないが、生活の質を著しく低下させる事です。

今回見つけた記事はファイザー社が、日本全国の30代から60代の男性800名を対象に調査したQOL疾患に関する意識調査です。

【参考資料】ファイザー株式会社「男性型脱毛症および男性のQOL疾患に関する意識調査」(PDF:1.27MB)

生活の質を低下させている?

QOLで取り上げられるのが「薄毛」や「体臭」、「肥満」「汗」や「性」についてなど。

私も40代。中には気にしている項目もチラホラ…(汗)。

例えば、若いころと同じような食事をしていればドンドン太っていってしまうので、大好きな揚げ物を食べないようにしたり、ジムで汗を流したり、大好きなビールを週に2日我慢したり…。

思い返すとちょっとは努力してます!

いつまでも若々しくいたいですものね。

このアンケートでは、「体臭」や「薄毛」が特に気にされている方が多いようです。

髪が薄くなってきた年齢階層別

髪が薄くなってきた年齢階層別

この中で、薄毛を気にしている方の年齢を見てみると、40代では半数位の人が気にし始めているのが分かります。

若い方で薄毛に悩んでいる方も少なくはありません。

普段気にするQOL

普段気にするQOL

一番最初の質問とはちょっと違うのですが、普段どれだけそのことを気にしているのかという質問では、回答がちょっと違ってきます。

「体臭」や「体型」、「いつもどこかしら痛い」や「尿が近い、出にくい」などの項目が上がっています。

それに対する対策

それに対する対策

そして、それぞれの項目で気にしているにもかかわらず多くの方は対策を何もしていない。と答えています。

薄毛でお悩みの方に関してみると

医療機関への相談…1.8%

恋人・妻・家族へ相談…4.8%

知人・友人へ相談…1.2%

薬局・ドラッグストアへ相談…1.8%

理容室・美容室へ相談…3.9%

インターネットで検索…7.6%

市販薬で自分でケア…14.2%

この中にはない…3.3%

何もしない…61.2%

何もされていない方が61.2%です。

デリケートな問題なのでなかなか行動に移し難いとは思いますが、キチンとした対応をすればお悩みが改善されるのにもったいないと思います。

今までの対処、今の対処、そしてこれからの対処

今までの対処、今の対処、そしてこれからの対処

薄毛のお悩みを改善するために色々なことがあります。

上記表のように色んなものがありますが、キチンとした対応をすれば多くの場合ちゃんと発毛します。

今の対策への期待と満足度

今の対策への期待と満足度

そして最後に、期待と満足度。

色々な発毛対策はありますが、正直本当に生えるのか?高額にはならないのか?ネットで調べても分からないことが多いと思います。

それだけ不透明でもある業界です。

当サロンの加盟しているスーパースカルプ発毛センターでは、このような高額、不透明な業界を変えたいという思いで創業しています。

発毛率実績98.%

6カ月のスピード発毛

同業他社の1/3~1/4の料金設定

をモットーの行っています。

もし薄毛の改善をご希望でしたら、選択の一つに入れて頂ければと思います。

まずは、施術を体験コースもありますので、お気軽にご来店くださいませ。

The following two tabs change content below.

杉山 巨樹

代表取締役社長レイズ&カンパニー株式会社
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店、発毛技能士。1974年生まれ。 2010年より「結果重視」「安心安全の商品を提供」「適正な価格設定」「従業員の働きやすい環境」をモットーにエステティックサロン「レイテノール」を運営。 「しみ」「しわ」「ニキビ」「たるみ」などのお肌のお悩みの改善は出来るものの、「薄毛」など髪の毛のお悩みを抱えているお客様も多く、なんとかお客様のお悩みを改善できないかと考えていたところ「スーパースカルプ発毛療法」と出会う。 理念に共感し、発毛技能士の資格を取得して、2016年4月よりスーパースカルプ発毛センターの加盟店、藤沢駅南口店としてスタートする。

最新記事 by 杉山 巨樹 (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杉山センター長プロフィール



最近の記事



カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る